174
の商品を選択中(全174商品中)
すべてクリア

【ワンデーアキュビューの違い】オアシス・トゥルーアイ・モイストを比較


シルチカではアフィリエイト広告(成果報酬型広告)を一部掲載しています。

1991年に発売開始となって以降、ロングセラーともいえるアキュビューシリーズ。現在ではワンデーでも9種類の商品が発売されており、どれが自分に合っているのか選ぶのが難しいです。
ここでは、ワンデーの「オアシス」「トゥルーアイ」「モイスト」の3商品について、特徴や詳しい成分、価格などを比較しながら紹介しています。
アキュビューシリーズについて詳しく知りたい人は、ご参照ください。

目次

アキュビューシリーズについて

ジョンソンエンドジョンソンが開発した【アキュビュー】シリーズ。1991年、日本で初めて使い捨てコンタクトレンズとして発売されてから、30年以上にわたって人気商品となっています。

アキュビューシリーズの「オアシス」「トゥルーアイ」「モイスト」の特徴について解説します。

摩擦を減らし快適なつけ心地の「オアシス」

ワンデーアキュビューオアシス

摩擦を減らし快適なつけ心地の「オアシス」

最安値ショップをチェック

「オアシス」は、2007年に発売された商品です。 含水率は38%と低含水コンタクトレンズに分類されており、涙を吸収しにくいことから潤いが長続きします。

目が乾いてしまうと、まばたきするたびにコンタクトレンズと瞼の間に摩擦が発生します。本商品は、潤いを持続して摩擦を減らし、目の負担を最小限に抑えてくれるので、1日中快適なつけ心地です。

オアシスには「乱視用」と「遠近両用(マルチフォーカル)」の商品もあります。

世界初の「トゥルーアイ」

ワンデーアキュビュートゥルーアイ

世界初の「トゥルーアイ」

最安値ショップをチェック

「トゥルーアイ」は、シリコーンハイドロゲル素材を使用して作られています。世界で初めて、1日使い捨てコンタクトレンズにシリコーンハイドロゲルを使用したとして注目されました。

シリコーンハイドロゲルとは、酸素の通りがよいシリコーン素材と、水分を多く含んでうるおいを保つハイドロゲル素材をバランスよく配合した素材のことを指します。

酸素の通りは、裸眼と変わらないレベルまで通過率がよくなり、更に水分も長く維持できることから、目の健康に配慮されています。

うるおいの「モイスト」

ワンデーアキュビューモイスト

うるおいの「モイスト」

最安値ショップをチェック

「モイスト」は、含水率が58%と3商品のなかでも水分量の多いコンタクトレンズです。
高含水のコンタクトレンズは、たくさんの水分を必要とするため長時間装用していると、コンタクトレンズが乾燥し、涙を吸収してしまいます。そのため涙が減り、目が乾燥してしまいがちです。

しかし「モイスト」は、コンタクトレンズ自体が水分を閉じこめ、乾燥しない製法で作られているため、高含水のコンタクトレンズでもうるおいが長続きすると言われています。

また、高含水のコンタクトレンズは、水分をたくさん含んでいるため、うるおいを感じるつけ心地を体感できるのが特徴です。

6つの項目で3商品を徹底比較!

3商品の違いについて、6つの項目に分けて比較します。

  オアシス トゥルーアイ モイスト
酸素透過率 121 118 33.3
含水率 38% 46% 58%
紫外線カット B波:約99%以上
A波:約96%以上
B波:約99%以上
A波:約96%以上
B波:約97%以上
A波:約81%以上
コストパフォーマンス(90枚入りの価格) 約7,500円~8,400円 約7,600円~8,000円 約6,500円~7,000円
イオン特性 非イオン性 非イオン性 イオン特性
直径(DIA) 14.3㎜ 14.2㎜ 14.2㎜

以下には、それぞれの比較項目について詳しく解説しているため、ご参照ください。

酸素透過率

「酸素透過率」とは、コンタクトレンズを通して角膜に届く酸素の割合を指します。角膜は呼吸しており、酸素が必要な組織です。
コンタクトレンズを装用しているときは、角膜が酸素不足に陥っている状態です。
1日中装用する期間が長くなると、角膜の酸素不足は深刻になり、様々な眼病を引き起こします。
目にとって酸素は重要であり、酸素透過率のよいコンタクトレンズを選びましょう。
日常的にコンタクトレンズを装用する場合、目の異常を引き起こさないために必要な酸素透過率は、24.1といわれています。
3商品の酸素透過率を見ると、いずれも日常で使うには十分な酸素量が確保できるコンタクトレンズといえるでしょう。

含水率

「含水率」とは、コンタクトレンズ自体が含む水分の量を指します。 含水率が50%未満のものを「低含水コンタクトレンズ」、50%以上のものを「高含水コンタクトレンズ」と数値によって分類されています。
高含水コンタクトレンズの特徴は、水分を多く含んでいることから目になじみやすく、つけ心地がよいと感じる人が多いことです。しかし、水分を多く含んでいることから、蒸発する水分も多く、蒸発した水分を補おうと涙を吸収してしまう性質を持っています。
水分を多く含んでいるにも関わらず、乾燥しやすいのは性質によるものが大きいです。
一方、低含水コンタクトレンズの特徴は、水分が少ない分つけ心地に違和感があると感じやすいことです。しかし、少ない水分で作られていることから、蒸発する水分量が少ないため乾燥に強い側面があります。
涙の量は個人差があるため、ドライアイで元々目が乾きやすい人は低含水、コンタクトレンズの違和感が気になる人は高含水を選ぶとよいでしょう。
含水率は、自分に合ったコンタクトレンズを選ぶ指標になりそうです。

紫外線カット

肌に日焼け止めを塗るように、目にも紫外線対策が重要です。目が日焼けすると、充血したり、炎症を起こしたり、様々な病気の引き金になるためです。
アキュビューシリーズの3商品は、いずれも紫外線カット性能が高いため、安心して使用できます。
しかし、紫外線対策は帽子や日傘が有効な方法であるため、コンタクトレンズに紫外線カット機能が付いているから対策はそれだけでよいとは言い切れません。

コストパフォーマンス

上記に挙げた価格は、2023年5月現在の最安値の平均を示しています。
「モイスト」のみ、やや価格が低く設定されているのは、素材が異なるからだと考えられます。
「オアシス」と「トゥルーアイ」は、シリコーンハイドロゲル素材が使われているのに対し、「モイスト」は別の素材で作られています。
シリコーンハイドロゲルを使用しているコンタクトレンズは、どこのメーカーでも高めの価格です。

イオン特性

イオン特性とは、コンタクトの素材がマイナスイオンを帯びているか否かを示しています。
マイナスイオンを帯びているレンズを【イオン性レンズ】帯びていないレンズを【非イオン性レンズ】といいます。

それぞれの特徴と、アキュビューシリーズがどちらに該当するか、以下の表をご参照ください。

  特徴 アキュビューシリーズ
イオン性レンズ ・水分を含みやすい
・酸素透過率が高い
・汚れを引き寄せやすい
モイスト
非イオン性レンズ ・汚れにくい
・耐久性に優れている
・酸素透過率が低い
・オアシス
・トゥルーアイ

イオン特性によってレンズの特徴が異なるため、付け心地にこだわりたい方は、イオン特性もチェックしておくと良いでしょう。

直径

コンタクトの直径は【DIA(ダイアメーター)】と表記されている場合が多いです。
アキュビューシリーズの直径は、以下の通りです。

  • ・オアシス:14.3㎜
  • ・トゥルーアイ:14.2㎜
  • ・モイスト:14.2㎜

ソフトコンタクトレンズの直径は、14㎜前後の商品が多いため、直径による付け心地の違いや違和感が起こる可能性は低いといえるでしょう。

ただし、カラーコンタクトを使用する場合は、商品によって直径が複数あるため、自分の目に合ったレンズを選ぶようにしましょう。

3商品はこんな人におすすめ

アキュビューシリーズはどのような人におすすめなのか、目の特徴も踏まえて紹介します。

つけ心地優先ならオアシス

シリコーンハイドロゲルを使用したオアシスは、つけ心地のよさが最大の特徴です。
「コンタクトをつけたときの違和感が気になる」「長時間コンタクトをつけていられない」と悩んでいる人には、オアシスがおすすめです。
また、デスクワークなどでパソコンの画面を長時間見る人や、ドライアイが気になっている人にもおすすめの商品といえるでしょう。

バランス重視ならトゥルーアイ

つけ心地、水分量、価格など、選ぶ指標がたくさんあり、自分に合うコンタクトレンズが見つからないという人には、トゥルーアイがおすすめです。
素材、酸素透過率、含水率はオアシスとほぼ同等でありながら、価格はトゥルーアイの方がやや低めに設定されています。
レンズのスペックと価格のバランスがよいのは、トゥルーアイといえるでしょう。

また、装用時間が長い人や、毎日装用する人、目が乾燥しやすい人にはトゥルーアイがおすすめです。

コスパを求めるならモイスト

価格を重視する場合は、モイストがベストです。ただし、つけ心地にもこだわりたい人は、違和感が気になる可能性があります。
また、すべての人にシリコーンハイドロゲル素材が合うとは限りません。従来の素材でつけ心地に違和感がない人や乾燥が気にならない人には、モイストがおすすめです。

目の乾燥が気になっている人にも、モイストをおすすめします。

それぞれの口コミ評価

アキュビューシリーズそれぞれの口コミを紹介します。

オアシス

  • ・目が悪くなってきたので購入。使い続けて2週間経ちますが、特にこれといった問題はないです(20代)
  • 引用:シルチカ
  • ・3度目のリピートです。中々合うコンタクトが無く悩んでいたのですが、こちらの商品を見つけてからはずっと愛用しています。(20代)
  • 引用:シルチカ
  • ・日中の渇きが気にならなくなりました。保湿成分配合の効果でしょうか。(30代)
  • 引用:シルチカ

付け心地の良さが魅力の「オアシス」には、疲れにくい、乾燥を感じにくい、負担が少ない、といった意見が多く寄せられています。 高評価をされる方が多い一方で、レンズが合わずゴロゴロ感が出てしまったという意見も。低含水レンズにより目の渇きを抑えているため、涙量が少ない方には合わない場合もあるそうです。
「オアシス」は含水率を38%抑えることで、日中の快適さ追求したコンタクトレンズです。デスクワーク等で目が乾燥しやすい方は、「オアシス」を選ぶとよいかもしれません。

トゥルーアイ

  • ・やっぱりプチプラとは大違い!!こちらの商品は乾かなくてつけ心地も良いので使いやすい!!乾燥酷い方は使ってみてほしい!!(20代)
  • 引用:シルチカ
  • ・UVカット機能が気になって購入。効果はよく分からないですが、着け心地などは満足です。(10代)
  • 引用:シルチカ
  • ・眼科で処方されてからずっと使ってます。ゴロゴロしなくて便利。(20代)
  • 引用:シルチカ
  • ・シリコーンハイドロゲルが気になって購入しました。長時間使用しても目が疲れずゴロゴロ感もないので今後も愛用したいです。(20代)
  • 引用:シルチカ

シリコーンハイドロゲル素材採用の「トゥルーアイ」は、多くの方が長時間の着用も快適、違和感が少ない、疲れ目が気にならない、と評価されています。
「トゥルーアイ」は、高含水レンズによって装着時の違和感を軽減しているため、元々低含水レンズを使っていた方の中には、乾燥を感じてしまう方もいらっしゃるそうです。
水分保持率が高く酸素透過率も高いので、1日中快適な装着感が欲しい方は「トゥルーアイ」がオススメかもしれません。

モイスト

  • ・つけてないみたいに軽い!コスパも良くてありがたい!(10代)
  • 引用:シルチカ
  • ・娘に頼まれて購入しました。いつもはゴロゴロ感が出ると嘆いていましたが、こちらの商品は保湿成分配合なので、目に合うそうです。(50代)
  • 引用:シルチカ
  • ・近視レンズを探していたところ、こちらの商品に出会いました!乾きもないのでまたリピートお願いします。(20代)
  • 引用:シルチカ
  • ・レンズが柔らかくてつけ心地がいいんだけど、レンズが柔らかすぎてつけにくい・・・。(30代)
  • 引用:シルチカ

乾燥しない製法と水分量の多さが魅力の「モイスト」には、ずれにくい、つけ心地が良い、うるおい度も高い、といった口コミが寄せられています。
一方で、高含水レンズ採用で柔らかい素材のため、人によっては装着時の違和感に繋がってしまっている場合もあるようです。
モイストの酸素透過率はトゥルーアイ、オアシスと比べたとき最も低い数値になっているため、コストパフォーマンスを重視する方には「モイスト」はオススメかもしれません。

【まとめ】自分にぴったりのアキュビューシリーズを探そう

アキュビューシリーズ3商品を紹介してきました。コンタクトレンズにも様々な種類があり、何を基準に選ぶとよいのか分からない人もいるでしょう。
ここでの内容を参考に、アキュビューシリーズ内で自分に合ったコンタクトレンズを選んでみてはいかがでしょうか。

よくある質問

Q.アキュビュー商品の中では何が人気ですか?

A.本記事で紹介した「オアシス」「トゥルーアイ」「モイスト」が、アキュビューシリーズの代表といえる人気商品です。

Q.オアシスが合わない気がする原因は?

A.含水率の低さや、モイストやトゥルーアイより直径が0.1㎜大きいことが原因かもしれません。(ちなみに同じオアシスでも1DAYの方が2WEEKより直径が0.3㎜大きいです。)また、同じシリコーンハイドロゲルレンズでも材質は違うので、レンズの種類を変更した際には慣れるまで違和感がある方もいます。痛みや搔痒感、目の赤みなどの異常が起こった時には直ちに使用を中止し眼科医に相談しましょう。

SILCHIKA編集部のロゴ画像

この記事を書いた人シルチカ探偵

SILCHIKAはコンタクトレンズの価格、送料、ショップ特徴など気になる情報を公平、且つ、中立的な立場でお届けしています。

毎日が素敵なお買い物になるよう"知る" をもっと "近く" に。溢れる情報から、本当の最安値をスマートに。

絞り込み検索
すべてクリア

おすすめコンタクト

更新日時:2024年07月23日 21:15

カテゴリ