150
の商品を選択中(全150商品中)
すべてクリア

【要注意】コンタクトをつけたまま寝るとなぜよくないのかを解説


「仕事や遊びから疲れて帰ってきて、ついコンタクトレンズをつけたまま寝てしまった。」

「電車やソファーでのうたた寝をしてしまった。」

なんて経験はありませんか?

「コンタクトレンズをしたまま寝ると目の裏に入って取れなくなる」や「目が傷ついて失明してしまう」など、怖い噂を聞いたことがある人も多いと思います。

実際にコンタクトレンズをしたまま寝ることは、目に大きな負担がかかり様々なトラブルにつながる可能性があるようです。

「ついうっかりコンタクトレンズをつけたまま寝てしまった」というときの、リスクと対処法について紹介致します。

こんなときは注意!コンタクトレンズをつけたまま寝やすい状況とは

まずは、うっかりコンタクトレンズをつけたまま寝やすい状況について、確認してみましょう。事前に状況を知っておけば、うっかり寝てしまうことを防ぐことができるかもしれません。

疲れがたまっているとき

仕事や部活、習い事などで疲労が溜まっているときは、注意です。
ソファーやベッドでちょっとだけ横になり、休もうとするような状況はよくありますよね。しかし、ほんの数分のつもりだったり、寝る気はなかったりしても、危険です。疲れが溜まっていると、身体や脳を休めるために、意思に反して寝てしまうことがあります。また、コンタクトレンズをつけたまま、朝まで眠ってしまう可能性もあります。

長時間の移動中

長時間の移動の際には、要注意です。特に、長距離を移動する旅行の際には気を付けましょう。
飛行機や新幹線では、身体を動かすという刺激が少ないため、うっかり寝てしまいやすいです。また、移動や観光によって、肉体的にも精神的にも疲れが溜まっていることも、眠りについてしまう大きな原因でしょう。
旅行だけでなく、普段の通学や通勤にも注意してください。電車やバスは、適度な温度に調節されているうえ、程よい揺れを感じます。寝るつもりがなくても、うっかり眠ってしまいやすい状況だと言えるでしょう。

ベッドで横になっているとき

スマホやゲーム、読書などのために、ベッドで横になることがあると思います。しかし、疲れが溜まっていなくても、寝てしまうことがあるので注意してください。
寝てしまう理由は、「ベッドが快適だから」というだけではありません。睡眠の習慣によって、「ベッドで横になるということは、今から寝るということだ」と脳が判断し、眠るための指示を出してしまうらしいです。
指示を受けた身体は、実際に寝るための準備を始めてしまうので、疲れが溜まっていなくても寝てしまうことがあります。

コンタクトレンズを外す習慣が身についていない

帰宅後、コンタクトレンズをつけたまま寝てしまうなら、そもそもコンタクトレンズを外す習慣が身についていない場合が多いです。
例えば、眠る前には誰しも歯を磨くでしょう。歯磨きの際、「虫歯になりたくないから」「歯医者は面倒だから」というようなことを、毎回考える人はほとんどいないと思います。原因や動機がなくとも自然に行えるのが、「習慣」です。
歯磨きと同じように、コンタクトレンズを外すことも習慣化しましょう。ルーティンワークとして、意識せずに外せるようになります。

コンタクトレンズをつけたまま寝てしまうとどうなるか

角膜の酸素不足

・つけたまま寝ることで酸素不足になるメカニズム

角膜には、血管が通っていないため涙を通じて酸素を吸収ます。わずかですが、結膜(白目)の血管などからも酸素が供給されているそうです。

睡眠時は、目をつぶっているので大気中から涙を通しての酸素の取り入れができないため、上まぶたや白目からのわずかな酸素を取り入れます。睡眠時中の酸素量は、起きているときと比べ1/3ほどになってしまうとのこと。

さらに、コンタクトレンズをつけたまま寝てしまうと、コンタクトレンズが角膜全体を覆ってしまうので、上まぶたからの酸素の吸収を妨げます。そのため、酸素量はかなり減少してしまい、角膜の酸素不足につながりかねません。

・角膜細胞の減少

角膜に酸素が十分に行き渡らなくなると、瞳に酸素を取り入れる役割を担う「角膜内皮細胞」の減少も進行させてしまいます。この細胞は、1度失われると再生することのないデリケートな細胞と言われています。なので、この角膜内皮細胞が失われ続けると、角膜が濁り視力の低下につながる可能性があるそうです。

・酸素不足による眼のトラブル

角膜が酸欠状態になり細胞が減ることで、ドライアイや目の痛み、かゆみ、結膜炎などの症状を発症する可能性があるそうです。

コンタクトレンズをつけたまま寝ることで目に様々な問題を起こし、眼障害につながる恐れもあるようなので、注意が必要です。

目が乾燥しやすくなる

・目が乾燥するメカニズム

コンタクトレンズをつけていると、レンズそのものに含まれる水分が蒸発します。それだけでなく、コンタクトレンズの乾燥を補うために眼球に含まれている水分をコンタクトレンズが吸ってしまうため、乾燥しやすくなってしまうそうです。

乾燥については、下記のコラムでもまとめていますので、是非チェックしてみてください。

【目の乾燥が気になる方必見】ドライアイの方におすすめのコンタクトレンズをご紹介

・傷がつきやすくなる原因にもなる

目が乾燥することによって、コンタクトレンズが直接眼球に当たるそうです。涙のクッションがない状態で目を擦ることで、目に傷が付きやすくなってしまいます。

傷が付いただけであれば、2~3日で痛みや充血は自然に治るそうです。

しかし、傷に菌が入ると炎症がひどくなる可能性があります。炎症を放置し続けてしまうと、眼障害につながってしまいます。

・角膜に傷がついた場合

乾いた眼球とコンタクトが擦れることによって、目に傷が発生しやすくなります。

目に傷がつくと細菌が侵入しやすく、非常に危険と言われています。

コンタクトをしたままの昼寝はどうなのか?

「夜にコンタクトレンズをしたまま寝ることはいけないが、昼寝やうたた寝くらいは大丈夫では?」と思う方も多いかと思います。

目の健康を考えるとうたた寝や昼寝の際も、コンタクトレンズを外すことをおすすめします。たとえ短時間であっても、目には負荷がかかってしまいます。昼寝をする場合、1dayタイプかどうかによって、コンタクトレンズを外した後のケアが変わります。

1dayタイプの場合

装用しているコンタクトレンズが1dayタイプの場合、昼寝をする前にコンタクトレンズを外して捨てましょう。昼寝の後は、新品を使ってください。1dayタイプのコンタクトレンズは、一度外すと再び装用することができないからです。
一度だけ使うことを前提に製造されているので、耐久性があまり強くないそうです。目のトラブルを防ぐためにも、1dayタイプの場合は新品と交換しましょう。

2weekやmonthlyなど、長期使用タイプの場合

装用しているコンタクトレンズが1dayタイプ以外の場合、昼寝前にいつも通りのケアをしましょう。外したコンタクトレンズを洗浄したりすすいだりした後、保存液に浸してください。
ただし、ほんの少しの昼寝だからといって、洗っていない手で保存液に浸したり、保存液ではなく水道水を利用したりすることは、危険。微生物が繁殖してしまい、目のトラブルが起こってしまう可能性があるからです。目の健康を守るために、いつも通り丁寧なケアをしましょう。

コンタクトレンズをつけたまま寝てしまったとき対処法

「コンタクトレンズをつけたまま、寝てはいけない」と分かっていても、つい寝てしまったということもあるかと思います。万が一寝てしまったとき、どのような対処をしたら良いか事前に知っておくことで、目の負担を軽減することができるでしょう。

速やかにコンタクトレンズを外し、目を休ませる

目にコンタクトレンズが張り付いておらず、すぐに外すことができる場合は速やかにコンタクトレンズを外すようにしましょう。乾燥により外しにくい状態の場合は、無理やり外そうとするのではなく、ゆっくりとまばたきを繰り返して涙を分泌させたり、ドライアイ用の目薬を差したりと、目を潤してから外すと良いそうです。

無理やり外そうとすると、角膜を傷つけたりコンタクトレンズが目の中で破れたりしてしまう恐れがあるので、注意をしましょう。

もしコンタクトレンズが取れなくなったら?

まばたきをして涙を促しても、目薬を差してもコンタクトレンズが取れない場合は、水を張った洗面器に顔をつけてまばたきをします。すぐにコンタクトレンズが外れなくても、水分が補給されるため普段通りにレンズを外すことができると言われています。

水道水の中には、「アカントアメーバ」という微生物が生息しているため、水道水で潤すと細菌が付着したり汚れたりする可能性があります。外した後は必ず捨て、再度使用しないよう注意しましょう。

コンタクトをしたまま寝ると目の裏に入るのか

「コンタクトレンズが目の裏側に行ってしまった」という話を聞いたことがある方も多いかと思います。実際は、コンタクトレンズがどこにずれても、眼球は結膜という膜に全体を覆われており行き止まりになっているため、目の裏側までコンタクトレンズが行くことは無いようです。

なかなか見つからないときは、まぶたの裏の行き止まり付近で折れて止まっているか、探している間に飛んで床などに落としている可能性があります。もし、心配な場合は眼科でチェックをしてもらえるので、不安な場合は受診をおすすめします。

コンタクトが目の裏に行ってしまったと思った方は下記のコラムでもまとめていますので、是非参考にしてみてください。

【トラブル】コンタクトが目の裏に入った!?対処法も解説

眼科を受診する

コンタクトレンズをつけたまま寝てしまうことで、目に違和感や痛みが引き起こされたり、レンズが目の中で見つからなくなってしまったりすることがあります。また、お伝えしてきたように、角膜の酸素不足や眼の乾燥によって、思わぬトラブルが発生している可能性も。

自分で解決ができない場合や、痛みや違和感が続く場合は、早めに眼科を受診しましょう。

コンタクトレンズをつけたまま寝ないために

ついうっかり寝てしまったということがないよう、対策をすることはとても大切です。次のことを習慣化することで、リスクを軽減できます。是非試してみてください。

家に帰った時点でレンズを外す

基本的なことですが、自宅に帰ったらすぐにコンタクトレンズを外す習慣をつけることが1番の対策です。

帰宅後レンズを外す習慣がついていれば、うっかり寝てしまったときも安心です。長時間の装用は目の負担にもなるので、すぐにコンタクトを外すようにしておくことがおすすめです。

一番いいタイミングは、帰宅後の手洗いが終わった後でしょう。清潔な手の状態で、さっと外すことができます。

レンズケースを持ち歩く

通勤通学の長い人や出張の多い人は、移動中に仮眠をとることもあるかと思います。仮眠の際にもさっと外せるよう、レンズケースを持ち歩くと良いでしょう。ただし、1dayタイプの場合は再利用することができないので、新品を持ち歩くといいですよ。

また、急に目の調子が悪くなったときにも、すぐに対応することができます。

メガネとコンタクトレンズを併用する

旅行で長時間移動する際には、メガネとコンタクトレンズを併用するのがおすすめです。 メガネであれば、移動中にさっと外して眠ることができます。また、うっかり寝てしまっても、危険はありません。目的地に着いてからコンタクトレンズをつけることで、アクティビティを楽しんだり、綺麗な景色を眺めたり、快適に過ごせます。 宿泊先に到着してすぐにメガネに切り替えれば、コンタクトレンズをつけたまま寝てしまう心配もありません。旅行の際には、時と場合に応じて、メガネとコンタクトレンズを上手く使い分けましょう。

【例外】寝たままつけてもいいコンタクトレンズ

コンタクトをつけたまま寝るとよくない理由や、対処法についてお伝えしてきました。しかし、コンタクトレンズの中には、つけたまま寝ていいタイプも存在します。あくまで例外として、どんなコンタクトレンズがあるのか確認していきましょう。

連続装用タイプのコンタクトレンズ

連続装用タイプのコンタクトレンズとは、決められた期間の就寝中も装用することができるコンタクトレンズのことだそうです。 ただし、誰でも利用できるわけではありません。眼科医の検査を受けて、許可をもらう必要があるとのことです。

一見便利そうですが、連続装用が可能だからといって、汚れや微生物がつかないというわけではありません。ケアをしないままコンタクトレンズをつけ続けるには、様々なリスクが考えられます。
また、目の状態や商品によって、連続装用タイプに向いているかどうかは異なるそうです。生まれつきアレルギー体質だったり、涙の量が少なすぎたりする場合は、装用が禁じられることもあるとのこと。連続装用タイプを使う場合、必ず眼科医に相談したうえで許可をもらい、指示通り使用しましょう。

オルソケラトロジーレンズ

オルソケラトロジーレンズとは、「オルソケラトロジー治療」での視力矯正のために用いる、特殊なデザインのハードコンタクトレンズのことだそうです。そのため、一般的には流通していません。就寝前に装用することで、寝ている間に角膜を矯正するという仕組みらしいです。角膜の形そのものを整えるので、日中でも裸眼で過ごすことが可能です。また、手術ではないので、メスやレーザーなども必要ありません。

ただし、オルソケラトロジーレンズの装用をやめると、角膜の形は一定期間で戻るようです。低反発の枕を想像していただけると、わかりやすいかもしれません。根本的な治療法ではないので、半永久的に使い続ける必要があるでしょう。

また、酸素透過性が高いようですが、目にとっては異物であることに変わりありません。ごろごろとした違和感があったり、充血したりという可能性も考えられます。オルソケラトロジー治療を検討する際には、メリットデメリットを把握したうえで、治療を受ける必要があるでしょう。

つけたまま寝ていいコンタクトレンズはごく一部

つけたまま寝ることが可能なコンタクトレンズとして、連続装用タイプのコンタクトレンズとオルソケラトロジーレンズをご紹介しました。しかし、この2つはあくまで例外。通常のコンタクトレンズでは、つけたまま寝ないように気を付けてくださいね。

目の健康を守るためには身近なルール付けが肝心

ついうっかりしてしまうコンタクトレンズをつけたままの睡眠。とても身近なことなので簡単に考えてしまいがちですが、実はとても危険な行為です。

目の安全と健康を守るために、睡眠時は必ずコンタクトレンズを外すようにしましょう。

また、コンタクトレンズをしたまま寝た後に違和感や痛みを長く感じる場合は、すぐに眼科の受診をしてください。

簡単な気持ちで誤った使い方をしないよう十分に注意し利用をしましょう。

よくある質問

Q. コンタクトレンズをつけたまま寝てしまうとどうなる?

A. 角膜の酸素不足や目の乾燥に繋がります。角膜に酸素が十分に行きわたらなくなると、角膜が濁り、視力の低下や結膜炎などを発症する可能性があるそうです。

Q. コンタクトレンズをつけたまま寝てしまったとき対処法は?

A. 万が一付けたまま寝てしまったときは、目を休ませましょう。もしコンタクトレンズが取れない場合は目薬をさすか、水を張った洗面器で顔をつけて瞬きをします。

おすすめコラム

・まとめ買い、イイコトいっぱい。
初めてのコンタクトレンズガイド!これを読めば一安心!
・【JINS1DAY】あのJINSのコンタクト!?
・【WAVE】あなたはうるおい派?軽さ派?
・コンタクトって種類あるの知ってる? (BC/DIA・AX/CYL編)

構成/SILCHIKA編集部

SILCHIKA編集部のロゴ画像

この記事を書いた人シルチカ探偵

SILCHIKAはコンタクトレンズの価格、送料、ショップ特徴など気になる情報を公平、且つ、中立的な立場でお届けしています。

毎日が素敵なお買い物になるよう"知る" をもっと "近く" に。溢れる情報から、本当の最安値をスマートに。

絞り込み検索
すべてクリア

おすすめコンタクト

更新日時:2022年12月09日 11:45