150
の商品を選択中(全150商品中)
すべてクリア

【初心者必見】コンタクトレンズの入れ方について


「コンタクトレンズが上手く目に入らない」

このようなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?
メガネとは違うため、入れづらさや怖さを感じてしまうことも多いです。
今回は、そんなコンタクトレンズの入れ方や外し方について、お話していきます。

コンタクトレンズの入れ方

コンタクトレンズは大きく、柔らかくてサイズが大きいソフトコンタクトレンズと、硬くてサイズが小さいハードコンタクトレンズの2種類に分けられます。
種類が分かれる、と言っても、つけ方に関して大きく異なることはないそうです。では、順を追って入れ方を解説していきます。

①手を洗う

一見綺麗に見える手も、汚れや菌が付着していることがあると言われています。
汚れや菌がついたままレンズを触り、目に入れてしまうと、目のトラブルを引き起こしてしまうことがあるのだとか。
そのため、レンズを入れる前には必ず手を洗い、手を綺麗にしてから行いましょう。

②目を大きく開く

手を綺麗にしたら、レンズを利き手の人差し指に乗せます。
その後、目を大きく開くために、利き手の中指で目の下を引っ張り、反対の手でまぶたを上に引っ張りましょう。
目の上下を抑えることで、目が閉じてしまうのを防いでくれます

③鏡を見て、ゆっくり黒目の上に乗せる

目を大きく開いた状態で、鏡の前に正面を向いてください。
レンズを黒目に近づけていき、優しく乗せます。この時、黒目からずれた位置に乗らないように注意してください。
正しい位置に乗ったら、指を離し、ゆっくり目をパチパチとして馴染ませます。

④片目を隠して見え方を確認

無事入れ終わったら、入れていない方の目を隠し、見え方を確認しましょう。
ぼやけや違和感はないかを確認して、きちんと見えていれば大丈夫です。

⑤反対の目も、①~④の手順で入れる

片方の目が入れ終わったら、反対の目も①~④の順番で入れましょう。

参考:コンタクトレンズの付け方とうまく入れるコツを解説【初心者でも簡単】(アットコンタクト)

入れる前にチェックすべきこと

入れ方は上記で紹介しましたが、レンズを入れる前に確認すべきことがいくつかあります。

・爪の長さ

レンズを指に乗せる前に、爪の長さを確認しましょう。爪が長いと、レンズだけでなく、目にも傷がついてしまう可能性があるそうです。
また、つけ外しもしにくいため、爪は短めに切っておくことが大切です。

・レンズの表裏

未開封のレンズは、レンズケースに裏表があった状態で入れられています。
しかし稀に、裏表が逆になって入ってしまっている場合があるのだとか。裏表を逆のまま目に入れてしまうと、違和感や痛み、ずれやすさを感じやすくなることがあると言われています。
そのため、レンズについているマークや、横から形を確認して、綺麗なおわん型をしているかを確認しましょう。

・レンズの向き

乱視用コンタクトレンズなどは、レンズに向きがあります。向きが合っていないと正しく乱視などを矯正することができないそうです。
レンズを指に乗せたら、正しく入れられるように、向きを確認してください。

・指先の水分

最初に手を洗いますが、その際、手が濡れたままだと、レンズが指にくっついてしまい、上手く入れることができません。
そのため、手を洗った後は、しっかり水分を拭き取った状態でレンズを触ってください。

コンタクトレンズの入れ方のコツ

上記の流れや、入れる前の確認事項をチェックしても、入れにくさを感じたり、上手く入らなかったりなどという場合があるのだとか。
コンタクトレンズを上手く入れるには、いくつかコツがあります。
これらのコツを掴めば、スムーズに入れられるようになるので、ぜひ実践してみてください。

・鏡を見る時は正面をしっかり向く

レンズをつけるために鏡を向いている時、つける方の目を鏡に寄せないようにしましょう。
片目だけ近づけてしまうと顔が斜めを向き、黒目も目じりの方に寄ってしまって、入れにくくなってしまいます。

・両目を開けておく

レンズを目に入れる時、目を閉じてしまったり、手でもう一方の目を隠してしまったりする方がいます。
しかし、入れない方の目を閉じてしまうと、レンズを入れる方の目も、大きく開けることができず、レンズが入れにくくなると言われています。
また、視界を遮るだけでもレンズを入れる位置がずれてしまうことがあるので、注意が必要です。

入れる時のよくある困りごと

コンタクトレンズを初めて入れる時は、様々な不安や疑問点があると思います。
ここでは、多くの方が感じたことのある、入れる時の困りごとを紹介します。

・目に指を近づけるのが怖い

コンタクトレンズは目に直接つけるため、恐怖感を覚えがち。直接ではないにしても、目に触れる感触はあるので、余計怖いですよね。
恐怖感を払拭するには、慣れるしかないそうです。実際にレンズのつけ外しをこなしていけば慣れていきますが、それでも不安な方は、指を目に近づける練習をしましょう。
レンズは持たずに、指だけでレンズをつける動作を繰り返します。この時、直接指で目を触らないように注意してください。あくまで近づける練習です。

・入れたのに外れてしまう

入れてすぐに外れてしまう場合は、レンズと目の間に気泡が入っていたり、入れた直後に強いまばたきをしたりしている可能性があります。
気泡を入れないように、レンズを静かに入れ、ゆっくり馴染ませることを心がけましょう。
また、入れた瞬間に勢いよくまばたきをすると、レンズが馴染んでいないため、外れやすいそうです。そのため、優しくまばたきをしてみてください。

必要に応じて装用液を使う

装着前に直接レンズにつける「装用液」というものがあります。
これは目薬とは異なり、レンズに直接垂らし使うもので、レンズの装用中には使いません。
商品によっては、装用中の目薬としても使えるものもあるのだとか。

装用液は、装用感を高めてくれるものです。ゴロゴロとした違和感や、レンズが乾燥することを予防してくれます。
レンズをうるおいたっぷりな状態でつけることができるので、レンズに慣れていない人でもすぐに目に馴染ませることができるのだとか。
はじめのうちはつけ初めに違和感を覚えがちですが、装用液を使うことで最初から快適につけていることができますよ。

コンタクトレンズの外し方

最後に外し方を紹介します。
つけ方は、レンズの種類によって差はないとお伝えしましたが、外し方に関しては異なるそうです。
しかし、最初に手を洗うことは共通です。外す前に手を洗い、清潔な状態で行いましょう。では、それぞれの外し方を紹介します。

ソフトコンタクトレンズ

①レンズが乾燥していないかチェック

まずは、レンズが乾燥しているかどうかをチェックしましょう。
乾燥していると、外れにくさだけでなく、目に張り付いており、外す際に痛みを感じてしまうのだとか。
うるおいがないなと感じたら、目薬をさすか、まばたきをして目をうるおしてください。

②あごを引き上目遣いにして、レンズをずらす

うるおいを与えたら、鏡の前にまっすぐ立ち、あごを引きます。
上目遣いの状態にしたら、レンズに触れて、下にずらしましょう。レンズの1/3が黒目に触れているくらいに下げます。
黒目と白目には段差があるため、レンズと目に隙間が生まれ、取りやすくなります。

③レンズの下側をつまんで外す

レンズをずらしたら、レンズの下側を親指と人差し指でつまみ、優しく持ち上げます。
爪は立てずに、指の腹でつまむようにしましょう。

ハードコンタクトレンズ

①目を大きく開く

まず、目を大きく開きます。レンズのサイズが小さいため、手を使ってまぶたや下まぶたを広げる必要はありません。

②目じりを引っ張る

大きく目を開けたら、目じりをこめかみに向かって引っ張ります。
目が細くなったら、その状態でまばたきをしましょう。
この状態でまばたきをすることで、まぶたがレンズに引っ掛かり、そのはずみでレンズが取れるそうです。この時、ぽろっとレンズが取れてしまうので、床に落ちないように手で受け止めてください。

それぞれのレンズの違いはこちらで詳しく解説しています。 こちらの記事も参考にしてください。

ハードとソフト・コンタクトの違い

まずはつけ外しの練習から

コンタクトレンズのつけ外しになれるためには、紹介したコツを踏まえて回数をこなし、慣れることが大切です。
とはいえ、慣れてくると、手を洗うのをさぼってしまったり、爪が長いまま目に触ってしまったりと、基本を忘れてしまいがち。
慣れてからも目を守るために、基本の流れは守ってコンタクトレンズを取り扱ってください。

おすすめコラム

・まとめ買い、イイコトいっぱい。
初めてのコンタクトレンズガイド!これを読めば一安心!
・【JINS1DAY】あのJINSのコンタクト!?
・【WAVE】あなたはうるおい派?軽さ派?
・コンタクトって種類あるの知ってる? (BC/DIA・AX/CYL編)

構成/SILCHIKA編集部

SILCHIKA編集部のロゴ画像

この記事を書いた人シルチカ探偵

SILCHIKAはコンタクトレンズの価格、送料、ショップ特徴など気になる情報を公平、且つ、中立的な立場でお届けしています。

毎日が素敵なお買い物になるよう"知る" をもっと "近く" に。溢れる情報から、本当の最安値をスマートに。

絞り込み検索
すべてクリア

おすすめコンタクト

更新日時:2022年12月09日 11:45