148
の商品を選択中(全148商品中)
すべてクリア

【視界に違和感を感じたら】コンタクトがずれる原因と対処法


コンタクトを使う際に悩みとして挙がりやすいのが、「レンズのずれ」です。コンタクトは様々な原因で目の中で移動してしまいやすく、視界が悪くなったり、違和感を覚えてしまったりすることがあるそうです。今回はなぜコンタクトがずれるのかと、ずれないようにするための工夫を紹介します。

なぜコンタクトはずれる?

正しい位置を保つことができない原因はいくつかあり、大きく環境的要因と人為的要因に分けることができます。

環境的要因

目の乾燥

目が乾燥していると、レンズが目に貼りついたり、ずれたりしやすくなると言われています。コンタクトは涙による表面張力が働くことで、目の中で安定しているそうです。さらに、涙があることで、レンズが柔らかくなり、瞳にフィットしやすいのです。涙は重要な要素のため、乾燥して涙が減ってしまうとずれやすくなると言われています。

目に入ったゴミ

コンタクトをつけた状態で目の中にゴミが入ると、レンズがずれやすくなるそうです。レンズのずれだけでなく、不快感や角膜を傷つけてしまう可能性があるので注意しましょう。

人為的要因

裏表逆につけている

レンズは裏表が決まっています。レンズを横から見ると、正しい向きの場合はきれいなおわん型になっているはずです。しかし、逆になっているとレンズのフチが外側に反っており、きれいなおわん型をしていません。裏返ってしまっている状態でつけると正しく目にフィットせず、ずれや違和感に繋がりやすくなると言われています。

自分の目にそもそも合っていない

コンタクトの種類やレンズデータが自分の目と合っていない場合、ずれやすくなるそうです。特に、レンズのカーブしている具合をベースカーブと呼びます。一人ひとりの目の形はことなり、自分の目の形に合ったベースカーブを選ぶことで正しく目にフィットします。ソフトコンタクトは柔らかいため多少の誤差なら装用感に影響を及ぼしません。しかし、あまりにもベースカーブの大きさが合わないと、ずれやすくなります。

眼病などのトラブルが起きている

結膜炎などの瞼の裏側にトラブルが起こっていると、レンズに引っ掛かってずれやすくなると言われています。まばたきをしたときに上にずれることが多いという方は、トラブルが起こっている可能性があるので、すぐに眼科に見てもらいましょう。

コンタクトがずれて目の裏に行くことがある?

コンタクトが目の裏に行ってしまうことがある、と思っている方も多いと思います。しかし、実際は、どんなにずれても目の裏に行くことはないのだそうです。

目の上側、瞼を持ち上げても見ることができませんが、上瞼は目と繋がっています。奥は袋状になっているため、裏側まで行くことはないようです。

目の中で見つからない、という場合はレンズが折りたたまってしまい、瞼の奥の方に入ってしまっている可能性があります。また、レンズをつけているつもりが、大きくずれた拍子ではずれてしまい、目の中にそもそもない可能性も。

目の中で見つからない、というときは周りにコンタクトが落ちていないかどうかを確認してみましょう。どうしても見つからないときは、眼科に相談をして、目の奥に入ってしまっていないか確認してもらってください。

ずれたときはどうすればいい?

どんなに気をつけていても、コンタクトがずれてしまい、違和感を覚えてしまうことは多々あります。もしずれてしまったら、目を直接触ってはいけません。コンタクトがずれてしまったときは、以下の方法を試してみてください。

眼球をぐるぐる動かしてみる

眼球をぐるぐると動かしてみると、レンズが元の位置に戻ってくることがあります。レンズを直接触って位置をずらすのではなく、まずは目を動かしてみください。

目薬をさす

目薬をさすことで、目にうるおいを与えることが可能です。目がうるおってレンズが柔らかさを取り戻すと言われています。レンズが柔らかさを取り戻すことで、きちんと目にフィットします。

つけ直す、新しいレンズと交換する

2weekのコンタクトでゴミが入った場合や裏表逆につけてしまっていた場合は、一回外してつけ直すことでずれやすさが改善することがあります。ゴミがついていた場合は、洗浄液を使って洗い流しましょう。裏表間違っていた場合は裏表を直してつけ直してください。ただし、ワンデーの場合は、一度つけて外してしまったらつけ直すことができないため、新しいレンズと交換してください。

ずれないようにするための工夫

ずれたときの対処法を覚えておくと安心ですが、まずはずれないように日常生活で気をつけましょう。ずれにくくなるために、気をつけたい点は5つです。

レンズの裏表を必ず確かめる

コンタクトをつける前に、裏表を確認する癖をつけておきましょう。上記でも述べた通り、レンズの裏表は横から見たときの形で判断できます。レンズを横から見るだけでなく、裏表が分かりやすいようにマークがついている商品もあります。どちらかの方法でつける前に必ず裏表の確認を行いましょう。

手が清潔な状態でレンズを触る

手に汚れやゴミがついていると、レンズを触ったときに付着して、ずれやすくなるそうです。また、手が不衛生のままレンズを触ると、雑菌が繁殖して目のトラブルを引き起こしかねません。コンタクトをつける前、外す前は必ず手を洗い、清潔な状態にしてからレンズを触りましょう。

レンズケアをしっかり行う

レンズが不衛生なために起きてしまう目のトラブルは多々あります。トラブルから目を守るために、2週間や1ヵ月など長期間使うタイプはきちんとレンズケアを行いましょう。指定された洗浄液を使用し、こすり洗いとすすぎ洗いをしっかりと行ってください。また、定期的に眼科に検診に行くことで眼病などのトラブルを早期発見することもできます。自覚症状がなくても定期的に眼科に行くことが大切です。

目を乾燥から守る

コンタクトをつけていると、涙の層が分断され薄くなるため、涙が蒸発しやすく、普段以上に目が乾きやすい状態だと言われています。まばたきには、目全体に涙を行き渡らせる役割があるため、意識的にまばたきをするように心がけましょう。また、乾燥しにくいコンタクトを選ぶことも重要です。含水率が低いコンタクトは乾燥しにくいと言われています。目が乾燥しやすい方は含水率が50%未満の、「低含水」の商品を選びましょう。

コンタクトの乾燥は下記のコラムでもまとめているので、是非チェックしてみてください。

【目の乾燥が気になる方必見】ドライアイの方におすすめのコンタクトレンズをご紹介

自分に合ったコンタクトを選ぶ

眼科でベースカーブなどを測ってもらい、自分に合ったコンタクトを使用しましょう。同じベースカーブの数値でも、メーカーごとに使用している素材や製造工程が異なっています。また、同じメーカーでも、商品が異なることで使用感が異なることも。あまりにもずれる場合はより自分に合った商品を選ぶために早めに眼科に相談しましょう。同じベースカーブでも、より自分の目にフィットする商品があるかもしれません。

コンタクト選びに迷ったら下記のコラムでもおすすめのコンタクトを紹介しているので是非チェックしてみてください。

2weekタイプがおすすめなのはどんな人?人気商品もご紹介

【比較してみた】1dayコンタクトのおすすめランキング5選

コンタクト選びは自分の目に合ったものを

シルチカでは、幅広いメーカーのコンタクトの最安値情報を掲載しています。コンタクト選びで重要なのは、自分に合っているかどうかです。安さだけでなく、品質や自分に合っているかでコンタクトを選び、最安値を調べてお得に購入することが重要です。

最安値のコンタクトをお探しの際は、ぜひシルチカをご利用ください。

おすすめコラム

・まとめ買い、イイコトいっぱい。
初めてのコンタクトレンズガイド!これを読めば一安心!
・【JINS1DAY】あのJINSのコンタクト!?
・【WAVE】あなたはうるおい派?軽さ派?
・コンタクトって種類あるの知ってる? (BC/DIA・AX/CYL編)

構成/SILCHIKA編集部

絞り込み検索
すべてクリア

おすすめコンタクト

更新日時:2022年08月18日 20:00