143
の商品を選択中(全143商品中)
すべてクリア

人気、おすすめのコンタクトレンズ 2week


コンタクトレンズは商品ごとに、連続して使える期間が決まっています。この連続して使える期間を、一般的には「装用期間」と言います。

ソフトタイプの使い捨てコンタクトレンズの場合、装用期間は1日、2週間、1ヶ月間のいずれかに設定されていることが多いようです。このうち2週間使い捨てのコンタクトレンズは、「2week(2ウィーク)タイプ」と呼ばれます。

コスパ重視なら2ウィークタイプがおすすめ

2ウィークタイプのコンタクトレンズは、コストパフォーマンスに優れていると言われています。1枚のレンズを2週間使えることから、1日でレンズを捨てる1day(ワンデー)タイプよりも、1日あたりのコストを抑えられるのだそうです。

コスト面だけを見れば、2ウィークタイプ以上に1month(マンスリー)タイプのほうが優れているのですが、2ウィークタイプに比べると快適性に劣るようです。

コンタクトレンズは、長く使用するほどレンズが劣化したり、たくさんの汚れが付着したりします。レンズの劣化や汚れが原因で、ゴロゴロ感や違和感が生じやすくなることが、マンスリータイプのほうが快適性に劣る理由だそうです。最後まで快適に使い続けることができ、ある程度コストも抑えられるのが2ウィークタイプなんですね。

ただし、コンタクトレンズの使用頻度が低い方は2ウィークタイプを使うことで、かえってコストが高くなってしまう可能性があります。2ウィークタイプの場合、レンズを使えるのは開封してから2週間の期間だけと決められているようです。使用しない日があっても、レンズの交換日がずれることはなく、2週間には必ずレンズを破棄します。

このことから、開封してからしばらくレンズを使わないような方だと、1日あたりのコストがワンデータイプを使った時よりも高くなってしまうのだとか。目安として週3回未満、2週で6回未満しかコンタクトレンズを使わない方は、2ウィークタイプだとコストパフォーマンスが悪くなってしまうそうです。

2ウィークタイプがおすすめなのはどんな人?

2ウィークタイプは、短期間でのコンタクトレンズの使用頻度が高い人におすすめです。2週間のうちに多くレンズを使用したほうが、1日あたりのコストが安くなるためです。

具体的には、仕事をする時や学校に行く時に、コンタクトレンズを使用している方におすすめします。週3日以上、コンスタントに使用する方なら、ワンデータイプよりも2ウィークタイプのほうがコストを抑えられるでしょう。

ほぼ毎日ワンデータイプを使っているという方は、節約のため、2ウィークタイプに変えてみると良いかもしれません。

2ウィークタイプのコンタクトレンズを快適に使うために

2ウィークタイプのコンタクトレンズを使用する時は、一般的に、以下の2点に注意するように呼び掛けられています。

・装用期間を守る

2ウィークタイプは、レンズの交換日が分かりにくいことから、誤って15日以上使用してしまう方がいるようです。コンタクトレンズは必ず装用期間を守るよう、コンタクトレンズメーカーや眼科医が呼び掛けています。装用期間を過ぎたレンズは、使わないように注意してください。交換日が分からなくならないよう、スケジュール帳やカレンダーに、開封日と交換日をメモしておくことをおすすめします。

・外したらレンズケアをする

2ウィークタイプのコンタクトレンズは、外すたびに洗浄と保管のケアが必要です。洗浄や保管をするのは、レンズに付着した汚れを落としたり、雑菌の繁殖を抑えたりするためだと言われています。ケアを疎かにしてしまうと、目のトラブルになる恐れがあるそうなので、どんなに疲れていても、レンズケアは忘れないようにしましょう。また、ケアに使うケア用品にはいくつかの種類があります。種類によって使い方が異なるので、説明書を読んだうえで、正しく使ってください。

装用期間を守り、レンズケアを徹底すれば、ワンデータイプと同じくらい快適に、安全に2ウィークタイプのコンタクトレンズを使うことができると言われています。コンタクトレンズのコストが気になる方は、正しい使い方や注意点を理解したうえで、2ウィークタイプに変えましょう。

人気があるおすすめの2ウィークコンタクトレンズ

最後に、おすすめの2ウィークタイプのコンタクトレンズをご紹介します。シルチカからもショップに見に行かれるユーザーが多い商品なので、使用するコンタクトレンズに迷っている方は、次にご紹介する商品から選んではいかがでしょうか?

アキュビューオアシス(近視)

最安値ショップをチェック

ジョンソン・エンド・ジョンソンの2ウィークコンタクトレンズ。瞳の乾燥や疲れの原因である摩擦をなくしていること、涙に似た保湿成分を使用していることから、1日中快適なつけ心地が続きます。シリコーンハイドロゲル素材採用で、目への負担も少ないコンタクトレンズです。

2ウィークアキュビュー(近視)

最安値ショップをチェック

ジョンソン・エンド・ジョンソンの2ウィークコンタクトレンズ。アキュビューオアシスと比較してレンズ中の水分量が多く、つけ心地がみずみずしいという特徴があります。アキュビューオアシスよりも低価格で買えるので、コストを重視する方におすすめです。

メダリストⅡ

最安値ショップをチェック

ボシュロムの2ウィークコンタクトレンズ。レンズがたっぷりの水分を含んでいるので、やさしくナチュラルなつけ心地です。独自の「ユニバランス デザイン」によりレンズがへたりにくく、つけ外しがしやすいのも特徴。コンタクトレンズのつけ外しが苦手な方におすすめです。

メダリストプラス

最安値ショップをチェック

ボシュロムの2ウィークコンタクトレンズ。0.035mmの超薄型レンズで、外すまでナチュラルなつけ心地が続きます。メダリストⅡとは対照的にレンズ中の水分量が少なく、乾燥を感じにくいのが特徴。長時間装用する方に向いています。

エアオプティクス アクア

最安値ショップをチェック

アルコンの2ウィークコンタクトレンズ。素材にシリコーンハイドロゲルを採用しています。目への負担が少なく、疲れを感じにくいコンタクトレンズです。独自の表面加工によって、従来のシリコーンハイドロゲル素材で問題視されていた汚れのつきやすさを改善しています。

2WEEKメニコン プレミオ(近視)

最安値ショップをチェック

メニコンの2ウィークコンタクトレンズ。素材から開発を手掛けることで、1日中続くうるおい感を実現しています。シリコーンハイドロゲル素材採用で酸素透過性も高く、瞳への負担も軽減。捨てるまで快適に使える商品です。

 
 
 

他の2weekの最安値をチェック

消耗品だからこそ気になるコンタクトレンズのコスト。2ウィークタイプなら、ワンデータイプよりも低コストで、毎日コンタクトレンズを使えます。コンタクトレンズの使用頻度が高い方は、2ウィークタイプを使用することをおすすめします。

よりコストを抑えたい時は、シルチカのサイトをご活用ください。シルチカは、コンタクトレンズ通販サイトの価格情報を提供しているランキングサイトです。130以上の通販サイトから、気になるコンタクトレンズをお得に買えるサイトを見つけることができます。

今よりもお得にコンタクトレンズを購入したい方は、ぜひシルチカをご利用ください。

絞り込み検索
すべてクリア

おすすめコンタクト

更新日時:2021年11月28日 08:45