148
の商品を選択中(全148商品中)
すべてクリア

【違和感?】コンタクトで目がゴロゴロする時の対処法とは?


コンタクトレンズつけているときに、ゴロゴロとした違和感を覚えることはありませんか?ゴロゴロの原因は様々あるそうで、原因に合わせた対処をすることで、解消することができると言われています。今回は、コンタクトレンズをつけたときに感じるゴロゴロの原因と、対処法について紹介します。

 

コンタクトレンズがごろごろする原因

●コンタクトレンズに慣れていない

コンタクトレンズを初めてつける方は、ゴロゴロとした違和感を覚えやすいと言われています。コンタクトレンズは、視力を矯正するものではありますが、目にとっては異物です。そのため、最初のうちは目が慣れず、違和感が出やすくなります。

コンタクトレンズに慣れないことで出る違和感は、時間が解決してくれることが多いです。ソフトコンタクトレンズで1週間、ハードコンタクトレンズで2~3週間くらいすると、目が慣れてゴロゴロとした違和感がなくなっていくことが多いそうです。しばらく経っても治まらない場合は、レンズが目に合っていない可能性があるため、眼科に行くことをおすすめします。

●レンズに付着した汚れ

レンズが汚れていると、ゴロゴロを感じやすくなります。特に、2week、monthlyなど長期間使用タイプのコンタクトレンズのレンズケアを怠ったり、正しくケアできていなかったりすると、汚れが溜まってしまうそうです。きちんと手を洗わずにレンズに触ることも、汚れが付着する原因の一つです。

また、ほこりやまつ毛などのゴミが目に入っているときもゴロゴロしますが、多くの場合、まばたきや目薬をさすことで解消されます。まばたきや目薬で解消されない場合は、レンズ汚れを疑いましょう。

●レンズについた傷

汚れではなく、レンズに傷がついている場合も、ゴロゴロとした違和感を覚えることがあるそうです。レンズが傷つく原因は、レンズを強くこすって洗っている、レンズをつまむときに爪を立ててしまうなどです。

レンズに傷があるかどうか、つける前に必ず確認するようにしましょう。

●目の乾燥

コンタクトレンズの装用中は涙の層がレンズによって分断され、不安定な状態になっていると言われています。そのため、裸眼の状態よりも目が乾燥しやすい状態です。 目が乾燥しているときにまばたきをすると、レンズとまぶたがこすれ、摩擦が生じてしまい、その生じた摩擦が刺激となって、目のゴロゴロとした感覚に繋がると言われています。

●目にトラブルが起こっている

眼病の中には、目のゴロゴロとした違和感が症状として出る場合もあり、注意が必要です。コンタクトレンズのケアを怠ったり、使用期間や1日の装用時間を守らなかったりなど、間違った使い方をしてしまうと、眼病などのトラブルが起こってしまう場合があります。

ゴロゴロとした違和感を伴う眼病には、「巨大乳頭結膜炎(きょだいにゅうとうけつまくえん)」や、「アレルギー性結膜炎」「角膜炎」などがあります。トラブルが起こっている場合、ゴロゴロ以外にも、痛みや充血、涙が出るなどの症状があるそうです。眼病などのトラブルは、自然的な治癒は難しいため、必ず眼科に行きましょう。

●自分の目に合っていない

ベースカーブや素材などが自分の目に合っていない場合、ゴロゴロとした違和感を覚えることがあるそうです。眼球の大きさや形状には個人差があり、自分の目に合ったベースカーブを選ぶことが大切です。ベースカーブが合っていないと、違和感だけでなく、目に負担がかかってしまうこともあるのだとか。

コンタクトレンズを購入する際は、自分のベースカーブを眼科できちんと測定してもらってから、購入するようにしてください。

ゴロゴロしたときの対処法

①まばたきをしてみる

目が乾燥している、ゴミが入っている場合は、多くの場合、数回まばたきをすれば解消されるそうです。まばたきは、涙を目に行き渡らせる役割を担っており、まばたきを意識的にすることで、目がうるおいます。うるおいが不十分な場合は目薬を使ってみるとよいそうです。

②コンタクトレンズを外す

まばたきだけで解消されない場合は、コンタクトレンズを外して、レンズの状態を確認します。外すときは必ず手を洗ってから行うようにしてください。

レンズにゴミや汚れが付着している場合は、洗浄液を使って洗い流しましょう。ただし、洗浄液を使って洗い流すことができるのは、2weekなどの長期使用タイプのレンズのみです。1dayの場合、一度外してしまうとつけ直すことができないため、新しいレンズに交換しましょう。また、レンズに傷がある場合は、長期使用タイプで、まだ使えるとしても、新しいレンズに交換しましょう。

③眼科へ行く

レンズを交換したり、つけ直したりしても改善しない場合は、レンズが合っていないか、目にトラブルが起こっている可能性が高いそうです。改善しない場合は、すぐに眼科に行くことをおすすめします。現在使っているコンタクトレンズがわかるものも持って行くとよいかもしれません。

ゴロゴロしないようにするために、普段からできること

ここまで、ゴロゴロする原因と対処法について紹介しました。対処法を知っておくことも大切ですが、ゴロゴロしないように、普段から目のケアを行うことも非常に大切です。普段から意識したい点は3点です。

●目を乾燥から守る

目を乾燥から守るためには、涙がきちんと行き渡る状態の目をキープすることが大切です。そのためには、以下のことを意識するとよいと言われています。

・意識的にまばたきをする
・適度に目を休める
・目をマッサージする

まばたきは、目のうるおいを保つうえで重要なポイントです。スマートフォンやパソコンを見ていると集中してしまうため、まばたきの回数が減りがちなんだとか。意識的にまばたきをすることで、涙を行き渡らせ、乾燥から目を守ることができます。

また、目の使い過ぎもうるおいを保つうえではよくありません。1時間スマートフォンやパソコンを見たら、少し休憩するようにしましょう。また、1日の終わりに蒸したタオルなどで目を温めて、優しくマッサージすると、涙が行き渡りやすくなるそうです。

乾燥については下記の記事も参考にしてみてください。

【目の乾燥が気になる方必見】ドライアイの方におすすめのコンタクトレンズをご紹介

【目の乾燥が気になる方必見】ドライアイの方におすすめのコンタクトレンズをご紹介

●正しいコンタクトレンズの使い方を守る

コンタクトレンズの正しい使い方を守ることは、ゴロゴロとした違和感をなくすだけでなく、目の健康を維持することにも繋がります。正しい使い方の基本は以下の通りです。

・正しいレンズケアをする
・使用期間と使用期限を守る
・コンタクトレンズを触るときは手を洗う
・化粧をする前にコンタクトレンズをつける

長期使用タイプは、こすり洗い、すすぎ洗いなど、正しいレンズケアを毎日行いましょう。こすり洗いをしない、洗浄液に浸すだけなどは汚れが溜まる原因です。レンズのゴロゴロとした違和感に繋がります。

また、化粧とコンタクトレンズをつける順番も重要です。コンタクトレンズをつけた後に化粧をすることがポイントだと言われています。コンタクトレンズをつける前に化粧をしてしまうと、化粧品などが目に入ってしまったり、レンズをつけるときにマスカラなどに触れてレンズが汚れてしまったりする可能性があるそうです。
コンタクトレンズのの正しい使い方は下記の記事も参考にしてみてください。

【正しく安全に】コンタクトの正しい使い方を知って快適に!重要なポイントもご紹介

【正しく安全に】コンタクトの正しい使い方を知って快適に!重要なポイントもご紹介

●定期検診に行く

定期検診は、目の健康を守るめに非常に重要です。ゴロゴロの原因でもある眼病は、初期症状がないことも少なくないと言われています。初期段階で治療することが大切ですが、自分で気がつくことは難しいそうです。定期検診に行き、目の状態を確認してもらうことで、小さな異変やトラブルに気がつき、早い段階から治療を行ってもらえます。

また、コンタクトレンズの使い心地などもその都度相談ができるため、ゴロゴロにお悩みの場合もその都度解決できますよ。

日頃の生活で目のゴロゴロを予防しましょう

紹介したように、目を労わった生活をすることで、目のゴロゴロを防ぐことは可能だそうです。ゴロゴロしたときも、まずは、落ち着いてまばたきをしてみましょう。正しいケア方法と対処法を理解して、快適なコンタクトレンズライフを送ってくださいね。

 

おすすめコラム

・まとめ買い、イイコトいっぱい。
初めてのコンタクトレンズガイド!これを読めば一安心!
・【JINS1DAY】あのJINSのコンタクト!?
・【WAVE】あなたはうるおい派?軽さ派?
・コンタクトって種類あるの知ってる? (BC/DIA・AX/CYL編)

構成/SILCHIKA編集部

絞り込み検索
すべてクリア

おすすめコンタクト

更新日時:2022年08月18日 20:00