176
の商品を選択中(全176商品中)
すべてクリア

コンタクトの種類と選び方について (含水率/イオン性編)

コンタクトを使っている方なら、コンタクトの箱にも書いてある「含水率」や「イオン性」など
の文字を見たことがあると思います。

「見た記憶はあるけれど、よく分からなかったから気にしてなかった…」

そういう方も多いと思いますが、私もその1人でした。
今回はコンタクトでよく見かける専門用語、「含水率」「イオン性」について調べてみました。

「含水率」って何?種類の違いは?

この含水率の「含水」とは、コンタクト自体に含まれている水分の割合を示したもので、
2つに分けることが出来るようです。

1つ目は、「高含水」

レンズ自体にうるおいが多く、つけた瞬間、馴染みやすく、
目の水分(涙)を奪いやすい性質があるようです。そのため、
ドライアイの方は目薬とコンタクトをワンセットとして一緒に
使われる傾向にあるようです。

2つ目は、「低含水」

レンズ自体の水分はそこまで多くなく、目の水分(涙)を
奪いにくいので、乾燥しにくいという性質があるようです。
長時間付ける方は低含水タイプを好む傾向のようです。

季節により乾燥度合も異なるので、どちらがいいのかをジャッジするのは難しいかもしれませんね。
メガネと併用したり、お出かけのときだけにコンタクトを付けたりするなど、ライフスタイルに
合わせた使い分けもいいかもしれません。

 

「イオン性」って何?その効果は?

「イオン性」「非イオン性」も大きく分けると2つの種類があるようです。

 

1つ目は、「イオン性」
マイナスイオンを帯びているので、プラスイオンを帯びた汚れを引き寄せやすくなっています。

2つ目は、「非イオン性」
汚れが付きにくいため、長時間の装用でも快適さが持続するという特長があります。

種類が分かると、非イオン性の方がよさそうに思ってしまいますよね。
含水率との組み合わせも、色々とあるようなので、目が疲れないタイプを使っていくのが
よさそうです。

その組み合わせを分かりやすく表にしましたので、参考にしてみてください。

お使いのコンタクトの含水率やイオン性質を確認し、どのグループなのかを照らし合わせてみてください。
もし乾き目だったり、ゴロゴロする事が多いようでしたら、眼科へ行って検査をしてもらって
違う性質のコンタクトに変えてみるのも良いかもしれませんね♪

おすすめコラム

ネットショップで実際に購入してみたよ!
処方箋を無くして度数が分からない…カンタンに度数を知る方法
国内と海外の箱違いって何??
ハードとソフト・コンタクトの違い
コンタクトって種類あるの知ってる? (BC/DIA・AX/CYL編)

構成/SILCHIKA編集部

絞り込み検索
すべてクリア

おすすめコンタクト

  • 1day

  • 2week

  • カラコン

  • 乱視(トーリック)

  • UVカット付き

  • Monthly

更新日時:2018年09月23日 09:16