143
の商品を選択中(全143商品中)
すべてクリア

コンタクトレンズと度数


コンタクトレンズを使用した時のモノや景色の見え方に、大きく関係するらしい指標が「度数」です。何種類もある指標の中で、特に重要だと言われています。

度数とはどのような指標なのでしょうか。なぜ重要だと言われているのでしょうか。

今回は、コンタクトレンズと度数のお話をします。

コンタクトレンズの度数とは

度数は、レンズがどの程度見え方を矯正できるのか、見え方の矯正力を数値で表した指標です。

モノや景色がぼやけたりブレたりして見える状態を、一般的に「目が悪い」と言います。しかし、どれくらい目が悪いのか、その程度は人それぞれ違います。使う人の目の悪さに合わせて調整された見え方の矯正力が、「度数」と呼ばれるのだそうです。

度数は数値が大きいほど矯正力が強く、小さいほど弱くなります。目に合った度数のレンズを使うことで、ぼやけたりブレたりしていたモノや景色が、くっきりと見えるようになるのです。

ここまで読んで、「全員が度数の強いレンズを使えば良いのでは?」と疑問に感じる方がいるかもしれません。しかし、目の悪さの程度に合わない度数のレンズを使うと、目が疲れやすくなる、かえって見えづらくなるなどの問題が生じると言われています。

問題なく見え方を矯正するために、自分に合った度数のレンズを使うことが重要なんですね。

度数が強くなるほどレンズも厚くなる

度数の強すぎるコンタクトレンズを使うことで生じると考えられる問題はもう1つあります。装用感が悪くなるという問題です。

度数が強くなると、レンズも厚くなると言われています。メガネならそれほど気にならないかもしれません。しかし、コンタクトレンズは目に直接装用するアイテム。レンズが厚いと、異物感やゴロゴロ感に悩まされやすくなると考えられます。このことから、必要以上に度数の強いレンズを使うことはおすすめできません。

目が悪くて度数の強いレンズを使わなければならない方は、できるだけ薄型タイプの製品を選ぶと良いですよ。「中心厚」と呼ばれるデータの数値をチェックしてみてください。中心厚のデータの数値が小さいほど、薄くて装用感が良いのだそうです。

ワンデータイプならSEEDのワンデーピュアうるおいプラスが、2ウィークタイプならボシュロムのメダリストプラスが、比較的レンズが薄く装用感の良い製品です。強い度数のレンズを使わなければならない方は、ワンデーピュアうるおいプラスやメダリストプラスを試してみてはいかがでしょうか。

自分に合った度数をチェックする方法

正しく見え方を矯正して、快適にコンタクトレンズを使い続けるために、度数がとても大切だということが分かりました。今後、コンタクトレンズを購入する前には、自分に合った度数をチェックすることをおすすめします。

度数のチェック方法①眼科で処方箋をもらう

もっとも確実な方法です。眼科では視力検査の結果に基づいて、自分に合った度数を診断してくれます。コンタクトレンズが初めての方や、しばらく眼科で検査を受けていない方は、処方箋を発行してもらう方法がおすすめです。度数が変わった時にはすぐに判明するというメリットもあります。

度数のチェック方法②今使っている製品の外箱を調べる

コンタクトレンズの外箱には、度数をはじめとしたレンズデータが書かれています。今使っている製品の度数が分かるので、引き続き同じ度数の製品を使おうと考えている方におすすめの方法です。ただし、外箱から分かるのは“コンタクトレンズの度数”です。“自分に合った度数”は分からないので、度数が合わないと感じている方は、眼科でしっかりと検査を受けましょう。

メガネの度数でコンタクトレンズを選んでも大丈夫?

コンタクトレンズを選ぶ時、「メガネと同じ度数で買う」という方は多いようです。しかし、メガネとコンタクトレンズでは度数の計算方法が違うと言われています。

メガネは、装着した時のレンズと目の距離が離れています。一方、コンタクトレンズはレンズと目が密着しています。レンズと目、その間の距離に違いがあることから、メガネとコンタクトレンズでは度数の計算方法が変わるのだそう。すでにメガネを作ってもらっていても、コンタクトレンズを買う時は、改めて調べてもらう必要があるのです。

まったく同じではありませんが、眼科で自分に合った度数を調べてもらう時、メガネの度数は参考になるらしいです。メガネがある方は持っていくと、スムーズに検査が進むかもしれませんね。

コンタクトレンズの度数に上限はあるの?

コンタクトレンズの度数には上限があるようです。あまりに目が悪いと、自分に合った度数のレンズが見つからない可能性があります。

一般的に、現在主流のソフトタイプは、近視だと-12.00D、遠視だと+5.00D程度が上限だと言われています。中にはもっと度数の強い製品もありますが、種類は限られると考えて良いでしょう。

乱視・老眼の悩みは専用のレンズで解決

ここまで、近視や遠視の度数にフォーカスしたお話をしてきました。見え方の悩みには、近視や遠視の他に乱視、老眼があります。乱視や老眼の悩みを持つ方は、近視や遠視の方とは異なる度数が入ったコンタクトレンズを使うのが良いと言われています。

乱視のお悩みがある場合、「乱視度数」という度数が入った製品を使います。乱視は特定の方向からの見え方に問題が生じている状態のこと。乱視の矯正には、乱視度数が必要なのだそうです。乱視度数が入ったコンタクトレンズは「乱視用(トーリック)」と呼ばれます。

老眼のお悩みがある場合、「加入度数」という度数が入ったコンタクトレンズを使います。老眼は、遠くだけではなく近くにもピントが合わない状態のこと。ピント合わせをサポートしてくれるのが、加入度数なのだそうです。加入度数が入ったコンタクトレンズは「遠近両用(マルチフォーカル)」と呼ばれます。

乱視度数も加入度数も、近視や遠視の度数と同じくらい大切と言われています。乱視のお悩みがある方は乱視度数が入っている乱視用(トーリック)のコンタクトレンズを、老眼のお悩みがある方は加入度数が入っている遠近両用(マルチフォーカル)のコンタクトレンズを使用すると良いでしょう。

遠近両用の最安値をチェック

自分に合った度数で、快適なコンタクトライフを送りましょう

コンタクトレンズを買う時は、価格やレンズ自体の性能、装用感など、たくさんのことが気になります。しかし、度数は快適なコンタクトライフを送るために、最低限守らなければならない重要な指標。購入する商品を選ぶ時は、最初に度数をチェックすると良いかもしれません。

購入する商品が決まったら、価格のチェックには、ぜひシルチカをご利用ください。シルチカは、130を超えるコンタクトレンズ通販サイトの価格情報をランキング形式でご提供しています。自分に合った度数の商品を、最安値で買える通販サイトを探すことができます。

価格の比較にシルチカを利用すれば、度数をはじめとした大事な情報のチェックに時間を割くことができます。快適なコンタクトライフを送るために、当サイトをご活用ください。

おすすめコラム

・まとめ買い、イイコトいっぱい。
初めてのコンタクトレンズガイド!これを読めば一安心!
・【JINS1DAY】あのJINSのコンタクト!?
・【WAVE】あなたはうるおい派?軽さ派?
・コンタクトって種類あるの知ってる? (BC/DIA・AX/CYL編)

構成/SILCHIKA編集部

絞り込み検索
すべてクリア

おすすめコンタクト

更新日時:2021年10月20日 09:15